中国輸入

MENU

中国輸入で稼いだ時の確定申告

まず、確定申告の義務があるのは、個人事業主あるいは、開業届を出していない副業の場合、1年間に20万円以上の所得がある方になります。

 

専業主婦などで他からの収入がなければ、1年間に38万円以上の場合になります。

 

確定申告すると勤務先にバレそうだからしたくない。なんて思う方もいるでしょうが、該当する方は必ず確定申告は行って下さい。

 

それでも会社に知られたくないという方は、その方法があるようです。

 

なぜ、副業がバレてしまうのかというと、住民税と言うのは個人の収入によって決まっているからです。つまり、住民税が異常に高いと何か他の収入があるということになる訳です。

 

したがって、確定申告の際に、ある手続きをします。住民税の徴収方法には、「普通徴収」と「特別徴収」があります。

 

申告書を提出する際に、確定申告書Bの第二表の「住民税・事業税に関する事項」がありますので、「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」の欄で、「普通徴収」の方にチェックを入れてください。こうすることによって、副業分の住民税の徴収が本人宛に届く為、会社にはバレないということです。

 

また、以下のような場合は、申告不要になります。

 

所得とは、「売上」から「経費」を引いた額になりますので、仮に売上が30万円でも、経費が15万円であれば、所得は15万円/年になりますので確定申告は不要となります。

 

中国輸入であれば、売上は、単純にアマゾンやヤフオクなどの売上が多いでしょう。

 

経費については、代行手数料、商品仕入れ代金、販売手数料、国際送料、関税など仕入に掛かった費用は当然ですが、自宅の家賃や電気代などの運営するための費用も経費として計上することが出来ます。

 

申告方法ですが、白色申告と青色申告の2種類あります。

 

白色申告の帳簿は「簡易簿記」といって、簡単な帳簿になります。青色申告は、貸借対照表・損益計算書といった法人のような記帳が必要になります。

 

なので、青色申告をすると税金が安くなったりします。

 

青色申告をするには、開業日から2ヶ月以内に「所得税の青色申告承認申請書」を税務署へ提出する必要があります。この申請書を提出しなければ、白色申告になるようです。

 

確定申告の期間は、毎年2月16日?3月15日までとなっています。万が一、期限を過ぎてしまっても、受付はしてくれるみたいです。

 

その他に、分からないことがある場合は、税務署にお問い合わせすれば、気軽に教えてもらえるようですので、黙って放置するのではなく、確認するようにしましょう。