中国輸入

MENU

どうしてタオバオ代行業者が必要なのか?

もう代行業者へ登録はお済みでしょうか。

 

中国輸入を始めようと思うなら、必ずと言ってもいいほど代行業者のチカラが必要になってくる場面がきます。それは一般の個人では解決できないようなものばかりです。

 

その理由について解説していきます。

 

@中国語が話せない・・・

まずは外国人相手であればこの問題です。ほとんどの方は、中国語が話せないと思います。仮に翻訳機を使いながら中国語を頑張ったとしても、交渉はおろか騙されたり舐められたりして金銭的に損することもあります。

 

こんなとき、代行業者がいれば、彼らはネイティブの中国人を雇っていることが多く、普通に交渉ができますので何の問題もなく安心です。

 

A仕入先のタオバオで決済ができない・・・

中国では、「料金を振り込んだのに商品を送ってこない」なんてことを防ぐ為に、オンライン決済サービスが主流になっています。

 

しかも、「Alipay(アリペイ)」と呼ばれる中国最大手の決済サービスが主流になっています。アリペイは、中国のオンライン決済サービスで約58%のシェアを持っており、中国で最も一般的な決済方法なのです。

 

当然のことながら、日本の方は持ってないので、代行業者が必要になってきます。

 

B日本に国際配送してもらえない・・・

中国から日本へ直接送ってくれる業者は、ほとんど無いと言ってもいいでしょう。

 

なぜかというと、税関用の書類を書いたりしなければならず、手続きが面倒だからです。

 

中国へ受け取りに行くなんてこともできないと思いますので、個人には限界があります。

 

代行業者であれば、中国の事務所や倉庫で荷物を受け取って、国際配送の手続きまで代行してもらえますので、日本で待っていれば商品が届きます。

 

C個人輸入は国際送料が高い・・・

中国国内に友人などがいれば転送してもらうなんてことも思いつくかもしれません。

 

しかし、国際送料は高く付くことが多いです。代行業者は法人なので、配送業者とたいてい法人契約を結んでいますので割引価格で送ることができるのです。

 

それに、誰かに何回も頼み続けるのは気の毒ですので、代行業者の方が気楽に依頼できるかと思います。

 

D検品ができない・・・

仮に日本に直接送ってくれる業者が見つかったとしましょう。国際発送後、自分が思っているものと全く違うものが自宅に届いたらどうしますか?こんなことも想定されます。

 

代行業者がいれば、中国国内でこんな問題も解決できるのでコスト面でも大変優しいです。