中国輸入

MENU

中国輸入のリサーチ方法

中国輸入において、アマゾンのFBAでの販売が最も取り組みやすいです。

 

しかし、始めてみようと思っても何を仕入れたらいいか分からない方もいるでしょう。アマゾンのFBAを始めるにあたって、仕入れる商品のリサーチ方法を説明します。

 

@まず、アマゾンのトップページを開いて下さい。

 

リサーチ方法は複数ありますが、左側にカテゴリーがありますので、例えば、下記のように家電の「テレビ・レコーダー」を選択することにします。

 

アマゾントップページ

 

A次に、左側に小カテゴリーがありますので、さらに「AVアクセサリ」を選択することにします。中国輸入は、こういうサプライ製品の方がよく見つかりやすい特徴はあるようです。

 

小カテゴリページ

 

Bそして、右上にある並べ替えの部分を「人気順」に変更します。

 

これは「人気順=売れる順」であるからです。当然ですが売れる方がいいです。ちなみに、左側のカテゴリーをもっと絞り込んで細かく調べていいと思います。

 

並べ替えが終わったら、順番に眺めていきますが、有名ブランドは、ほとんどスルーします。少し慣れる時間も必要ですが、中国で売っていそうな商品を探していきます。

 

人気順

 

C中国のタオバオで売っていそうな「ノーブランドっぽい商品」を見つけました。「メーカー名」のところが「周辺機器」と書いてありますのでノーブランドの可能性大です。
※この時点では、まだ分かりません。有りそうだなという感覚です。

 

メーカー名

 

Dここで、商品ページの下の方を確認して下さい。

 

商品ランキングを見てみると、「家電・カメラ‐1243位」と表示されています。アマゾンには家電だけでも、数百万点はあると思いますが、その中で1243位です。
「これは絶対に売れる、それなら仕入れよう」という訳です。

 

家電・カメラ‐1243位

 

E次にタオバオで商品を探しましょう。キーになりそうなキーワードを見てください。今回の場合は、LKV381やHDMIというようなキーワードです。

 

LKV381やHDMI

 

Fタオバオのトップページを開いてください。
検索窓にLKV381とHDMIというキーワードを入力して探してみます。

 

タオバオのトップページ

 

Gアマゾンに売っていた商品と同じ商品が見つかりました。

 

できるだけ安い商品がいいですので並べ替えなどを行ってもっと探しましょう。周りの店舗と比べて、あまりにも安い店舗には注意してください。

 

できるだけ評価が多くて信頼のおける店舗にすることをオススメします。

 

評価が多くて信頼のおける店舗

 

Hこれでリサーチは完了です。

 

このURLを控えて、代行業者に依頼するだけです。アマゾンからタオバオのリサーチ方法は理解できたでしょうか?

 

アマゾンの検索窓で「ノーブランド」「並行輸入」などのキーワードで検索する方法もありますので色々試してみて下さい。