中国輸入

MENU

中国輸入で仕入れた商品は偽物?本物?

中国輸入を始めるにあたって、皆さんが心配する点だと思います。

 

僕の考えでは、「偽物も正規品も存在するので注意する」というのが正しいでしょうか。

 

日本であっても偽物は存在するので、日本より割合が多いというだけかと思います。

 

ニュースやメディアのせいもあって、度々パクリのアニメやテーマパークなどが出てくるので嫌でも意識してしまうのかもしれませんが、実際のところ、偽物はあります。

 

しかしうまく付き合っていけば、特に心配することはありません。

 

まず、偽物の流通が多いジャンルに手を出さないということが大前提でしょう。特に偽物が多いジャンルは、高級ブランド・有名ブランドの商品です。

 

中国輸入を行うにあたり、このような商品は、仕入値が偽物のためものすごく安く、販売する際に売値も高く設定できる為、誘惑されそうになります。

 

ですが、絶対に手を出してはいけません。

 

かなりの確率で税関に引っ掛かると思われますし、そもそも法律違反になり、最悪の場合、検挙されることもないとは言えません。

 

もちろん、正規品も流通しているはずですが、判断が難しいようです。

 

業者によっては、正規品の証明書を添付していたりすることもあるようですが、この証明書が偽物の可能性もあるということ知っていた方がいいようです。

 

また、代行業者でも検品は行ってもらえるから別に大丈夫ではないか、と考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

もちろん検品はしてもらえることが多いとは思いますが、ブランドの目利きや鑑定はできないことが多いと思われますので、代行業者を介しても難しいと考えられます。

 

このようなジャンルは、中国輸入が苦手とするジャンルなのでやめておきましょう。

 

それでは、どのような商品を扱えばいいのでしょうか。

 

それは、いわゆる「ノーブランド品」です。中国には偽物が多数ある一方で、ノーブランド品と言われる何もブランドが付与されてない商品も多数存在しています。

 

日本ではノーブランド品を見かけることは、大変少ないような気がしますが、例えば、家電、PCサプライ製品、洋服やコスプレなど、どんなジャンルでもノーブランド品が売られていますので、翻訳機を使ってタオバオで検索してみてください。

 

このような商品は、偽物も本物もありませんので安心して販売することができます。

 

偽物の多く流通しているという意識を持って、そのような商品に出会ったときは、なるべく避けていくようにした方がいいと思われます。

 

しかし、最終的には、自己判断になるでしょう。