MENU

中国輸入で起業できるのか?

僕的にいろいろ中国輸入で起業することができるのかについて調べてみたのですが、中国輸入での起業出来る可能性は十分にあると思います。

 

実際に、中国輸入の専業で、月間で数百万〜数千万単位で売上げる方も普通にいらっしゃいますので、起業できるビジネスとして考えて大丈夫だと思います。

 

しかし、中国輸入で起業するにあたって、最初の悩みは「スタート資金がない」という方が特に多いと思います。
スタート資金がないから起業したくてもできないと思われている方もいるかもしれません。

 

仕入販売を行うためには、資金ゼロでは厳しいですが、5万〜10万円くらいあれば始めることはできるはずです。それくらいであれば、何か好きなものを我慢したり、短期でアルバイトをしたりすれば用意できる金額だと思います。

 

何事にもリスクが伴いますので5万〜10万の少額でも投資することが怖いようであれば、ビジネスには向いてないので起業はできないと思います。
実際は、資金ゼロでも仕入れをする裏技的なこともありますがまた別で紹介します。

 

既に資金に余裕のある方は、すぐに始めてみると分かると思います。中国輸入は、仕入れ原価が安く、利益率が高いビジネスなのでオススメです。

 

仮に、少ない資金で中国輸入を始め、投資できる金額が10万円しかなかったとしましょう。念のため、少なく見積もって、諸経費を引いたリターンが20%だったとします。

 

このとき、利益は2万円です。この利益を使わずに、次の月に回します。すると、次は12万円の20%なので、利益は2万4000円になります。

 

ちなみに、これを1年以上続けると、100万円以上になる計算になります。

 

この複利という考え方はよく用いられますが、このやり方を努力して継続すれば少額でも起業ができるということを示しています。元手が10万円しかなかったのに、1年半で250万円以上になるのです。

 

中国輸入を始めるにあたって、目標額がいつ達成できるのか、ぜひ計算してみて下さい。

 

しかし、サラリーマンをしていてまとまった時間が無いという方もいるでしょう。

 

ただ、時間もあまり掛からないのでそういう心配もいらないです。そのための代行業者なのですから、仕入れ発注の依頼をするだけでいいです。

 

ここで起業に失敗する人の事例をあげておきます。

 

・売れ筋や売れ方を何も考えずにテキトーな数量で発注してしまう人
・代行業者に全部任せて、ラクしたいと思っている他力本願な人
・利益をすぐに遊びや買い物に使ってしまい、資金繰りができなくなる人

 

僕も色んな誘惑に惑わされそうになりますが、このような人にならないように日頃から気をつけることが成功する為には最低条件なのだと思っています。

 

今の時代は、とても便利になってきていて、詳しくは別でまた触れたいと思っていますが、商品の販売や発送まで代行してくれるFBAというサービスまであるので、ほとんどが自動化できてしまいます。

 

最初は副業でもいいと思っています。中国輸入は、自宅にパソコンさえあれば、副業でも可能なビジネスです。副業で始めた中国輸入が、本業の収入を上回る日が来たら起業するという方法でいいと思います。

 

本業になれば、もっと時間が使えますので売上規模を拡大していきましょう。

 

そしてある日、一人では限界になってくる日が来たとき、人を採用しましょう。そうすれば、立派な企業になるためのスタート地点です。

 

目標はそれぞれあると思いますが、最初から数百万など稼ぐ人なんてほとんどいないので、みんな0からのスタートを経験してきている社長さんばかりなのです。

 

最低限の資金があれば中国輸入ができることは分かりました。

 

僕も色んな誘惑に惑わされそうになりますが、このような人にならないように日頃から気をつけることが成功する為には最低条件なのだと思っています。

 

今の時代は、とても便利になってきていて、詳しくは別でまた触れたいと思っていますが、商品の販売や発送まで代行してくれるFBAというサービスまであるので、ほとんどが自動化できてしまいます。

 

最初は副業でもいいと思っています。中国輸入は、自宅にパソコンさえあれば、副業でも可能なビジネスです。副業で始めた中国輸入が、本業の収入を上回る日が来たら起業するという方法でいいと思います。

 

本業になれば、もっと時間が使えますので売上規模を拡大していきましょう。

 

そしてある日、一人では限界になってくる日が来たとき、人を採用しましょう。そうすれば、立派な企業になるためのスタート地点です。

 

目標はそれぞれあると思いますが、最初から数百万など稼ぐ人なんてほとんどいないので、みんな0からのスタートを経験してきている社長さんばかりなのです。

 

最低限の資金があれば中国輸入ができることは分かりました。

 

あとは、「覚悟」だけです。