中国輸入

MENU

中国輸入を勉強するぞ

僕は今サラリーマンですが、中国輸入を利用して、僕みたいなサラリーマンでも驚くような副業収入を得ている人がいるがいるということを聞きました。

 

中国輸入っていうのはいったいどういうものだろう?と思って、【中国輸入】という言葉を使っていろいろ検索して調べてみたのですが、「中国輸入で○○万円稼ぐ!」みたいな感じのキャッチコピーで、ちょっと怪しい感じのサイトがたくさん出てきましたね…。

 

どれを信じていいのかよくわからないし、ちょっとどれも信じられないような感じです。なんか、僕にはよくわからないんだけど、いわゆるネオヒルズ族的なにおいがしますね( 一一)

 

これらの人たちが悪いというわけではないのですが、もうちょっと怪しい感じをなくして真面目な感じでやってくれると、信用できて教えてもらおうと思うのですが、なかなかそんな気持ちにはなれません。

 

なので、0から独学で勉強していこうと思います。

 

 

中国輸入とはどういうものなのか?

 

まず、中国輸入がどういうものか?というと、中国から仕入をして日本で販売する輸入ビジネスのことを言うようです。

 

簡単に言うと「中国から安く仕入れて、日本で高く売ろう」ということですね。アービトラージってことですね。

 

どんな商売も「安く仕入れて高く売る」が基本です。いろいろ調べてみたのですが、中国輸入ビジネスは、「安く仕入れて高く売る」というビジネスの基本を達成しやすいビジネスであると言えるようです。

 

中国輸入を始める前に、中国輸入のメリット・デメリットについて考えてみましょう。

 

▼中国輸入のメリット

・仕入れ原価(10%〜30%程度)が安く、為替の影響も受けにくい
・仕入れが安いのでスタート資金が少なくて済む
・輸入代行業者が多く存在するので日本語で取引ができる
・日本との距離が近い(時間面、コスト面で有利)
・値引き交渉に応じてくれる国民性がある
・中国は「世界の工場」と呼ばれており多種多様の商品が取り扱える
・漢字なので何となく自分で調べることができる

 

▼中国輸入のデメリット

・偽ブランド品や模造品が日常的に流通している
・日本製品に比べると商品の品質が劣る
・日中の政治的影響を受けることがある
・仕入れした商品とは違う商品が送られてくることがある

 

中国輸入は、商売を行う上で最も心配な「資金面」でとても優位性のあるビジネスであることが分かるかと思います。スタート資金が10万円ほどしかない場合でも始められる、数少ないビジネスの1つであると言えます。

 

また、日本との距離が近いと言うことは、輸入ビジネスにおいて重要なポイントになります。

 

例えば、アメリカやヨーロッパからの輸入を始めようと思うと、商品が届くまでに相当な時間が掛かり、当然のことながら【国際送料】も高くなってしまいます。

 

しかし、中国輸入にも心配材料はあります。一切心配のいらないビジネスなんてありませんので対策を打つしかありません。中国輸入で特に心配なのは「商品面」です。

 

例えば、洋服を仕入れた場合、仕入をしたい商品と色違いの商品が届く、あるいは明らかな不良品を送ってくることが日常的にあります。

 

このような問題を解決するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

答えは1つしかありません。

 

中国輸入の「代行業者」を利用することで簡単に解決します。

 

代行業者は、たいてい中国国内で中国人を雇用して事務所を構えていることが多く、色違いの商品が届けば、返品交渉をしてくれます。さらに代行業者とのやり取りは日本語でできるので安心です。

 

まずは中国輸入の代行業者に登録することから始めるといいようです。

 

 

代行業者を利用するのは必須

 

中国輸入を始めるにあたり、代行業者を利用するというのが非常に重要なことだということは分かりました。

 

中国輸入はタオバオで商品を購入しないといけないわけですので、中国語も必要ですし、決済はアリペイという決済方法が必要なので、中国での銀行口座の開設も必要になります。

 

ですので、自分で個人的に輸入するというのではなく、代行業者を利用するのが一般的で効率ですからね。っていうか代行業者を利用しないとちょっと無理があるでしょうね。個人がやるには。

 

タオバオの店舗の中には日本まで配送してくれないというところもあるみたいですよ。

 

代行業者ならば、まずは中国国内の代行業者の事務所に配送してもらって、そこから日本への発送となるわけですので、タオバオの商品はすべて買えるというわけです。

 

また、個人的に輸入をしていたら、配送料がかなりかかります。国際配送って高いですからね。

 

でも、代行業者の場合ですとかなりの数の商品を配送してもらっているため、EMSといったような国際配送業者から大幅な割引を受けられるのです。ですので、配送の面を考えても代行業者を利用するべきですね。

 

 

どこの代行業者がいいのか?

 

代行業者もいくつかあったのですが、1番信用できそうなのはタオバオ新幹線というところのようでしたね。タオバオ新幹線は中国輸入の代行業者としてはかなり老舗のようでしたから。

 

タオバオ新幹線自体の登録方法や使い方なども動画で開設されていたので、これを見れば登録の仕方がすぐにわかりました。使い方もかなり簡単なようですね。

 

なんせ、タオバオの価格と日本のアマゾンでの価格差で儲けを出すわけですから、それにかかる費用はなるべく少なくするというのかはなり大事かなと思います。

 

タオバオの代行業者として「タオバオさくら代行」というのもあるようだったのですが、僕がサイトを見てみたときサーバーが落ちているのか、ホームページが表示されない状態でした。

 

どういうことだろう??

 

ちょっとよく分からないけど、最初からサイトが表示されない状態というのは怖いですよね。急いでいるときとかどこからどうやって連絡を取ったらいいのかわかりませんもんね。